家庭学習環境の浸透とイメージの良化

日本でも新型コロナの影響から、自宅学習の見直しに注目が集まっているようですが、英会話レッスン、幼児教育などでお子さまのためにオンライン授業を利用することは、ある程度の一般的な普及がみられておりますが、子どもたちが自宅で十分な学習カリキュラムを受講できる本格的な体制は日本国内にはまだまだ根付いていないのが現状です。

インターネットを利用することが、子どもたちの新しい学びの場や環境を構築し、新しい未来を築く鍵となるのであれば、これまで学びの場としてネガティブなイメージをつくりだしていた「ひきこもり」「不登校」をいうようなフレーズを、「ホームスクール」「ホームスクーリング」などとった前向きなフレーズとともに人々に浸透していかないであろうか。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です