本来の教育システム

本来学びは、「受験」のためでもなければ、「試験」「検定」を突破するものではないことを、お子さまのお父さん、お母さんが考え直さなければならないのかもしれません。日本社会における風潮のなかで、大人たちが「学び」の先にある目標としてのビジョンを子どもたちに正しく見せていかなければならないのではないでしょうか。最近、幼児教育として注目を集めているキッズ英会話などでも、成長期の子供たちがいくら英語力を身に付けたとしても、大人になってからの社会進出時にその能力を活かしきれていないことが指摘されてもおります。子どもたちの成長期の貴重な時間に蓄えた英知が、より良い世の中を築いていけるようなしくみを教育システムとして構築していきたいものです。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です