目的のない英会話は伸びない

喫茶店でリラックスしながら黙々と教材を眺めている。近い将来に必要になるだろうからという理由でなんとなく英会話の勉強をしているのでしょう。リスニングやスピーキングよりも単語の暗記に重点を置き、暇を見つけては単語帳を使って単語を暗記している。リスニングを勉強するときは、前もって英文を見てからだとか文章を読みながら聞いている。また、同じ英文を何度も繰り返し聴き音読はしない。このような勉強法に当てはまる人はいないでしょうか。ある大手出版社の調査の結果ではこの勉強法が典型的な進歩がない人の姿だそうです。勉強すれば成績が伸びるという常識は、必ずしも英会話には当てはまらないようです。自分では勉強しているつもりなのに、英会話や試験のスコアが伸び悩み落ち込んでいる人も少ない少なくないでしょう。
 目的が漠然としていると学習のやり方も漠然としてしまうのでしょう。その結果、あまり英会話が上達しないまま時間だけが過ぎていくのです。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です