標準語「英語」の世界

英語がグローバルスタンダードになることで日本語に影響はあるのでしょうか。これまでにも日本語は外部からの様々な影響を受けながら変化しているのですから、将来的に日本語自体がまったくことなる言語のように七変化している可能性も考えられます。現に日本国内における標準語も、日本古来の「こどば」ではなく明治~昭和にかけて必要性を生じたことから築かれたものであるのですから、今後において日本語が姿を変えることは何ら不思議ではないはずです。諸外国において「英語」の需要が伸びてきていると同時に英語のフローバルスタンダード化(世界標準)が各国で進行しているようにみえます。世界共通の言語があれば人々のコミュニケーションが円滑になり情報や流通がこれまで以上にスムーズになるのではないかと考えられますが、日本人はこのような世界情勢の中でどのように対処していくべきであるのでしょうか。地方の言葉「方言」が「標準語」と分類されるようになった時代、地方の人びとが東京に集まる中でお互いに意思の疎通に不便を感じたこともあったようです。日本国内においては、標準語がスタンダード化しておりますが、果たして世界においては「英語」が標準語として諸外国で認められるのでしょうか。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です