真剣に習い事と向き合う

英会話を学びたいという社会人の人びとに、どういった理由で英語力を身に付けたいのかを尋ねてみると、「転職」「就職」「昇進」「交友環境を広げたい」などが、その理由として上位にランキングしておりました。実際には英語が話せなくても「転職」は可能でありますし、「就職」も出来るはずです、また「交友関係を広げるために」英会話を必要としないケースはいくらでもあります。英会話を学びたいと言っている人ほど、英語力が必要に迫られていないと感じているのは私だけでしょうか。社会人が英会話スクールにいざ通うとなると、貴重な時間とお金を費やすことになります。皆さんは大切な時間・お金をわざわざ費やしてまで、英語力を身に付ける必要性があるのでしょうか。どうして義務教育の中で、英語が身に付かなかったのかを考えたことがありますか。義務教育の英語に関するカリキュラムに問題があったという以前に、皆さんが英語に興味がなかったからではありませんか。社会人として英語を学び直すのであれば、本当に貴重な「時間」と「お金」を費やしてしまう覚悟をきちんと持った上で、スクールなどに登録を申し込むべきだと思われます。大人になって中途半端な気持ちで習い事をはじめようとしても、きっと義務教育時代と何ら変わらない経験値しか得られないかもしれません。社会人になったら「時間」と「お金」は、本当に自分のためになることに使うように心がけましょう。成長は常に真剣に挑む人に身に付くものです。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です