ワールドワイドな大根

皆さんは、「大根」が、英会話表現の中でも「Daikon」である事をご存知ですか?「大根」は、「Daikon」の他にも、「Radish」「Japanese radish」「White radish」「Asian Radish」などとも、表現できるようですが、「Dikon」を使っても英会話フレーズとして十分に伝わるようです。その他にも、日本名が、世界で通じるものとして、「豆腐」「抹茶」などがあります。「豆腐」「抹茶」から比較すると、「大根」は以外でしたので、先日、英会話レッスンの際に、ネイティブの先生に、「大根」の話題を振ってみたら、「大根おろしの」話をして下さいました。「Daikon」­­=「大根」として、十分に伝わっていました。ちなみに、「大根おろし」は、「Grated daikon」などと呼ばれているようです。このように世界中に知れ渡る事を英会話では、「World wide」と言うそうです。まさに、「World wideな大根」という事ですね。このような「World wide」な日本語の例として、意外性のあるものの中に、「布団」も、あげられます。「Futon」と、単独で呼ばれているようですが、「Japanese futon」としても表現されているようです。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です