英会話とコーヒーの午後に

アメリカなどのカフェでコーヒーを注文する時などに、よく使用する英会話フレーズをまとめてみたいと思います。
■「Bitter」・・・苦い■「Sour」・・・酸味のある■「Strong」・・・濃い■「Weak」・・・薄め■「Flavored」・・・○○味■「Milk and sugar」「Cream and sugar」・・・ミルクと砂糖■「Artificial sugar」・・・人工甘味料■「Brown sugar」・・・ブラウンシュガー■「Honey」・・・はちみつ■「Espresso」・・・エスプレッソ■「Cappucino」・・・カプチーノ 海外のコーヒーショップでは、日本のメニューにあるような「アメリカンコーヒー」は、ありません。通常のドリップコーヒーを注文するような場合は、「Regular coffee」などです。また、「Cafe Americano」などが、メニュー表にある場合、この種のコーヒーテイストは、日本で良く知られている「アメリカンコーヒー」ではなく、エスプレッソをお湯で割ったものになるそうです。コーヒーには、皆さん個人的な嗜好がありますので、飲み比べしながら、お気に入りの1品がみつかると良いですね。海外の人々は、日本人と異なり、本当にカフェが似合います。そんな彼らに囲まれて、海外のカフェで寛ぐ時間は、味わい深いものがあります。そのような時間の中では、珈琲の香りに包まれながら、苦手な英会話の勉強も心なしかはかどつような気がしています!
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です