洋書、英字新聞を読んでみる

英会話の勉強の為に、洋書や英字新聞や、海外の雑誌の読破に、トライしている人々がいると思われるのですが、皆さんは、どのようなスタイルで読破しようと計画されていますか?このようなスタイルで、英会話を学ぼうとトライしている人々にとって、とても多いケースは、読破できずにそのミッションがフェードアウトしてしまうという結果に辿り着いてしまう事です。このような結果に陥り易い人々は、英語の文章に触れながら、分からない文法、分からない英熟語、分からない英単語に出会う度に、英和辞典や電子辞書を使いまくる人々に、多いとも言われています。もちろん、そのような勉強法がベストであると考えている人や、そのような勉強法が自分にフィットしているような人々は、そのまま継続する事で、英語力が伸びていくものだとも考えられますが、洋書や英字新聞や、海外の雑誌の読破に、トライしてはみたものの、1度もクリアした事がない人々には、その考えの観点を変えてみる事も大切な事であるようです。英和辞典や電子辞書は、「緊急時のライフラインと考え、頻繁には使用しない」という視点から、洋書や英字新聞や、海外の雑誌の読破に再チャレンジしてみてはいかがでしょうか?英和辞書や電子辞書を使用していると、その時間にばかり気を取られ、記事や書籍内容の本筋から離れてしまったり、読書スピードが思うように進まないというような悩みが出てくるものです。多少の意味不明な英単語や、未知なる英熟語は、とりあえずスルーする事で、まずは、読書スピードを上げてみるのはいかがでしょうか?ただ単に、ページをめくっているだけでも問題はありません。英字の文章を、眺めているだけでも十分だと、自分に言い聞かせる事で、意味が分からない単語につまづく事が減ってきます。逆に、なんとなくわかる英文章には、自ら食らいついていけるので、虫食い読書ではありますが、なんとなくぼんやりとした、英字記事や英文書籍の内容が見渡せるはずです。なんとなくの全体把握ができたら、また最初から、ページをめくっていきます。やはり同じところでつまづき、どうしてもその単語の意味が知りたかったら、事典や電子辞書のお世話になりますが、まだそのまま読み進めそうでしたら、そのまま力技で読み進めてしまうのです。このような工程を何回か、繰り返していると、自分の分っていない英単語が、明白に分かってくるので、そこから事典や辞書を駆使しても良いですし、洋書や英字新聞や、海外の雑誌の読破にトライする学習法と、英単語や英熟語を覚える学習法は、別の勉強プログラムとして、別の意味をもった勉強手段に振り分けてみる考え方も有効です。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です