雨の日の傘、晴れの日の傘

アメリカの地に数か月滞在する事があったのですが、雨の日に、傘をもたない人、また傘をささない人が、とにかく多い事に驚きました。「傘をさす」という英会話のフレーズを探してみたのですが、面白い事に、「Open an umbrella」や「Use an umbrella」などと表現するフレーズはあるのですが、日本語のように「さす」という表現はみつかりませんでした。傘を「使う」もしくは、「広げる」といった英会話表現のニュアンスで使用されているようです。また、天候が雨の時の傘をさすは、「Open an umbrella」や「Use an umbrella」などと表わしますが、日傘などのパラソルを使用する場合は、「Set up an umbrella」とし、「傘を立てる」といった意味合いがあるようです。日本人の日常生活に傘の存在は大きいです。曇り空でも折りたたみの傘を持ち歩くくらいですから、生活の場面に傘は欠かせません。もしかすると、日本人が日常的にまとっていた「着物」の存在などの影響があるのでしょうか?「着物」と「和傘」の組み合わせは、本当にファッショナブルだと思ってしまうのです。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です