憧れのニューヨークと思い出

はじめてニューヨークの街に到着した際、想像をはるかに超えた街の賑わいに慄いていると、現地の人々が私に向かって「Watch out!」と声を掛けてくる事がありました。私は、「外を見ろ!」と、大声で言われているのかと思い、さらに周囲を見回してキョロキョロしていると、「Watch out!」「Be careful.」などと、とにかく大勢の人から同様に声をかけられるので、街の皆さんが歓迎してくれているのかと思っていたら、そうではなくて、「きちんと前を向いて歩いて頂戴!」「気をつけてね」という、英会話表現であったのでした。きちんと英会話の勉強もせずに、ただただ憧れのニューヨークの街に降り立ってみたい好奇心から、マンハッタンの街並みを見渡した時の興奮は、今でも忘れる事ができません。大勢の人々が行き交う通り沿いを、私が、よそ見をしながら歩きまわるもですから、皆、私に「Watch out!」と声を掛けてくれた優しさも良い思い出です。その後、2001年9月11日、アメリカ同時多発テロ事件9.11によって、マンハッタンのシンボル的な商業施設であったワールドスクエアセンターのツインタワーは、破壊されてしまいました。私が、ニューヨークの街に辿り着いた時の感動は、今でも記憶の中に鮮明に残っています。現在、ワールドスクエアの跡地には、9.11の記念碑が建てられているという事です。あれから、ずいぶん月日が経ちました、改めて英会話の勉強を試み、現在のニューヨークの地に祈りをもって訪れたいと考えています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です