BGMに合わせてみる

英会話の練習もドラマチックにすると飽きがこないそうです。
基本を覚えたりするのは当たり前ですが、覚え方の方を工夫すると使いこなせることができるようになるそうです。

たとえば、今、自分は少し風邪気味である、という設定をして会話をするというような感じのようです。
「こんにちは」「良いお天気ですね」「私の名前は??です」「今から飛行機に乗ります」
というような英文を言うのに、風邪気味だったらどのような言い方をするか、とか、元気で気持ち良い天気だったらどういう風に言うのか、というようなことをするといいそうです。
トイレを我慢している、ゆっくりしたしゃべり方をする人、という設定をしてもいいそうです。

また、音楽を流してそれに合わせて文章を読むというのもいいそうです。
映画の音楽で、パニック調だったり、ムードいっぱいのものだったり、悲しい感じだったりと音楽ひとつで、場の雰囲気はガラリと変わるかと思います。
ドラマのセリフを話すつもりでやってみると楽しいかと思います。
いつもと違った雰囲気があれば、決まりきった勉強も楽しくなるかと思います。
英会話は勉強というよりも、会話を楽しむためのものなので、受験勉強のような詰め込みよりも気楽に取り組んだ方がいいような気もします。
映画のセリフを練習するというのも面白いかと思います。

上級になるかもしれませんが、自分の興味があることから入るというのもいいそうです。
英会話はとにかく続けることが大切だそうです。
飽きずにできる環境を作るのはとても重要なことになるそうです。
英語圏の歌手が好きで、彼らの歌を歌って英語を好きになったという人も多くいるそうです。
また、耳の方が英語に慣れていて、英語で話す言葉を聞き取ることができるという人もいるそうです。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です