日本にない音

英語にあって日本語にない音というものがあるそうです。


よく聞くとほとんどの音がそのような気もします。
I というのは、日本語では「い」ですが、英語では「い」ではないそうです。
「あい」と言ったりしますが、この「い」の部分がちょっとちがうそうです。
English は「イングリッシュ」と書きますが、「イ」は日本語の「い」とは違うそうです。
最初のE は/I/の強母音というものだそうで、「えの口の形で少し横に大きく開いて、イと発音した音」ということになるそうです。

これを気にしながら頑張って中学時代の英語の教科書を読んでみると英会話も上達するはずだそうです。
英語の発音と日本語の発音はほとんどすべて違うので、それを修得できたらいいとは思いますが、あまり気にせずできるところをやればいいのではないかと思います。
日本語とは明らかに違う発音などは気をつけたらいいかと思いますが、母国語でもないのでそこを気にしすぎると話せなくなってしまうかと思います。
Th の音や f,v,l,rの音をよく気をつけるようにいわれますが、訓練するしかないかと思います。
また会話の中で、but I というのを「バライ」と聞こえたりするかと思いますが、こういうリエゾンなどの語の連結はいちいち頭で考えていたら、話はできなくなってしまうかと思います。
Did you ディジュでいいかと思いますし、like it はライキットでいいかと思います。

ただ、勉強するなら、どの単語とどの単語がくっついて発音するのかを考えながら発音するのも楽しいかと思います。
映画を見て英語を勉強するという方法があるかと思いますが、若者向けなどは、省略しすぎて何を言ってるかわからないということもあるかと思います。
ただ、言葉の連結というのはとても一般的なので、慣れておくのもいいかと思います。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です