教科書を利用した英会話

教科書というのは対話の勉強をするのにも大変有効なものだそうです。
教科書の英文の中には、対話文もたくさんあるかと思います。


I like sports.
Do you like sports?

教科書というのは対話の勉強をするのにも大変有効なものだそうです。
教科書の英文の中には、対話文もたくさんあるかと思います。
I like sports.
Do you like sports?

このような文章を音読していくというのです。
そして「スポーツ」の部分を「音楽」にしてみるなどをして、この文章を利用して対話文を覚えていくといいそうです。
また、普通の文章を疑問文に変えて、質問と答えを作るというのもいいそうです。
それによって、英語への理解力もましていくそうです。
会話はいろんな方法で勉強することができるかと思います。

また、自分で文章を作れるようになると、会話をするのも楽になってくるそうです。
文章を疑問文にするというのは、ちょっとハードルが高く感じたりもしますが、それもなれてくると普段の生活の中でも、そういった英語の練習ができるかと思います。


ジェスチャーも入れて話をしてみるのもいいそうです。
たとえば me? という単語なら、自分を指さしてみるということをしてみるとか、 Why? ならば、首をかしげるということをしてみるとか、two ならば数字を指で示してみるのもいいそうです。
また、I point my nose with a forefinger like this.
というのであれば、鼻に指を当ててみるということをしたらいいというこのようです。お子さんと一緒にやるとお子さんも楽しめてよさそうです。

教科書を音読していると、発音が気になってくるそうです。中学の一年生の英語の教科書を読むだけでも、正確な英語というのを学べるそうです。
流暢に読めるようになるまでやってみると英語力もかなり上がるそうです。
簡単に思えるかもしれませんが、発音に気をつけたりしているととても勉強になるそうです。
内容はほぼ完璧に分かるわけですから、あとはそれを流暢に読んでいけばいいだけのようです。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です