Ouch!

電車の中などで足を踏まれた場合は Ouch!という。これはべつに日本語で「イタイツ!」とやったってかまわない。でも、よほどのことがないと、人のまえではあんまり「イターイ」なんて大きな声をたてないでしょう。でも、女の人のハイヒールでふまれたときには、ほ んとに死ぬほど痛い。歩けなくなるくらい。私も経験あるから知っているけれど、とにかく相手を許す気になんでぜんぜんならない。

それでも相手がほんとにすまないという顔であやまっていれば、逆にかわいそうになってくるときもある。男の人だったら、相手がちょっとでも若い美人だと、もう一度ふんでほしいなんて思うかもしれない。そして、「うん、だいじようぶ」なんてカッコいいこといってる。でも、いくら相手がかわいくても、知らんぷりしてふんでたら「あなた、私の足ふ んでますよ」「この野郎、ふんだな」といいたくなる。
Please watch where you are stepping.-
(どうかあなたの足もとをごらんください)
Please watch where you put your feet.
(あなたの足を置いていると乙ろを注意してください)
それでも、あまり混んでいて、いったい、だれがふんでいるのかわからないようなときは、あきらめるよりしかたがないでしょう…

いがいとこういう日常の英会話がスッとでてこないものなんですよね。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です