英語を上手に使いこなすには

英語というのは、どれだけその人に身につい たものになっているかと いうことが問題だと思う。英語を上手につかいこなせて、たのしみながら使えるんだったら、その人 はほんとうに立派だと思う。 ただ 、こういう 英語がいまはやっているから使うのだとか、ちょっとインテリぶっ てみたいから使うというのでは、英語自身が自分のものにならない。英語はめちゃくちゃになるし、その人の話しかたもいいかげんになる。 そういう日本式のカタカナ英語と本格的な英語をはっきり区別していくためには、どうしたらいいかというと、その英語 、どんなへんてこな英語でも、いったいどういう意味なのか、外来語なら、もとの意味はどういうことなのかということを字引きをひいて調べておく。これはほんとうの英語なのか、日本製の英語なのかという区別をつける。いまは、混乱し ているからちょっとむずかしいと思う。よっぽど好きでないと、そとまでは調べないと思うけ れども、とにかく英語でもフランス語でもドイツ語でも、字引きをひいて調べておく。 日本に入ってきてニュアンスがかわって、ずっと日本語と同じようにつかわれている英語だったら、いちいちそこまでやらなくともふつうに日本語の会話の中でつかってもちっともお かしくない。ただ、それがそのまま英語として通じるかどうかは問題だということです。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です